韓流ドラマでキュンキュンしちゃおう

ドラマ

美男ですね

チャングンソク主演・大人気グループ「A.NJELL」の新メンバーとして入る予定だったコミナムと間違えて妹のコミニョが新メンバーに。男の振りをしてメンバーと共同生活するがそうもいかなくて・・・。

ツンデレなチャングンソク、優しいチョン・ヨンファ、かわいいイホンギ色んなタイプのイケメンがそれぞれアプローチをしてくるので、楽しいです。ドラマの流れは一人に決まっているのですが恋愛ゲームをしているような感覚になります。一人一人のイベントが盛り沢山なので本当にどの回も面白いです。

そして、兄のコミナムも物凄くかっこいいのです!アイドルグループのドラマなので、ライブや歌なども盛り沢山です。その歌や楽器演奏をしているところも胸きゅんポイントです。なぜならチョン・ヨンファとイホンギは元々大人気の歌手なので音楽性に溢れているからです。

このドラマは日本でもリメイクされてご存知の方も多いと思われますが、韓国版と日本版では全然違うのでぜひ韓国版。お勧めします!
しいたけ

太王四神記

脚本ソン・ジナ 主演ペ・ヨンジュ
タムドクが四神を従え、広開土王になっていく過程の中で、恋に破れ、新しい恋をしていく。しかしそれすらも結ばれることのない恋。歴史ファンタジーに切ない恋心を入れた究極のラブファンタジー。

悲恋ものなのですべてにおいて「恋」が成就することはありません。だからこそ、さりげない仕草、視線、言葉に胸キュンなのです。とくにスジニとタムドクの絡みはキュンキュンしっぱなしです。

例えるなら、王様のお酒をくすねてきたスジニ。しかし王様が口にしないと飲めないと、執務中のタムドクに酒を飲ませます。しかし美味いといって飲み干してしまうほどの勢い。やっとスジニの手元に戻った酒を楽しむ彼女を見つめるタムドクの目線や笑みに胸鷲掴みです。

戦前、戦支度を手伝うスジニ。死ぬなと母の形見を預けるタムドク。王様でなければ好きと言えるだろうシーンなのに、身分やこれからのことを考え言えないもどかしさ。言えない言葉を母の形見を預けることで伝えているようで、切ない。切なすぎてキュンです。行方知れずになったスジニを迎えに行くタムドクのシーンなども超胸キュン!切ないながらもしっかりと胸キュンできるのでおススメです。

腐女っ子

シークレットガーデン

スタントマンの女性とデパートの御曹司社長がひょんな事から運命的に出会い、お互いの魂が入れ替わって過ごしながら、お互いの惹かれていくラブストーリー。

身分の違う2人ですが、お互いの魂が入れ替わる事で、お互いの事をよく知り、気になる存在になります。特にヒョンビンが演じる社長がとにかくかっこいいです。まるで彼女のストーカーのように、家の前にいたり、彼女にぞっこんな姿が胸を打たれます。

この作品は名シーンも多いです。特に有名なのが、カプチーノキスです。彼女がカプチーノを飲んでいてその泡が口についてるんです。拭おうとする彼女を静止し、顎クイして、カプチーノの泡を掬い取るようにキスをするんです。あんなことされたら、心臓が爆発しちゃうんじゃないかって思っちゃうますよね。

他にも名シーンが沢山あって、ストーリーに人魚姫のファンタジー要素が含まれていて、本当に感動する作品です。是非いろんな方に観て欲しい作品です。

りなりな

イタズラなKISS

落ちこぼれの女子高生琴子がイケメン・頭の良い男入江くんに恋するピュア・ラブコメディ恋愛ドラマ。入江くんの事が好きすぎて入江くんのためには一所懸命頑張る琴子。その姿にひかれていく入江くん。

始めはひどい振られ方をして失恋する琴子。でもそれでもあきらめず入江くんのため一所懸命努力をします。入江くんもその姿に惹かれていき好きを認め最終的に親に「琴子と結婚をします」と宣言します。ストレートに宣言する入江くんの姿が胸キュンポイントです。ストレートに相手を好きと伝えることができる人はなかなかいないこと、一人の人を全力で愛する姿がとてもすごいと思いました。

そして、入江くんは琴子に冷たい言葉・態度を取るけどそれでも琴子はあきらめない精神力にとても感動します。入江くんも冷たい言葉・態度を取るけどドラマを見ているうちに琴子をすごく愛しているんだな~と伝わってくるので毎回ドラマを見るたびにドキドキして私もこんな恋がしたいなと思うドラマだと思います。

ありちゃん

コーヒープリンス1号店

勤労少女と御曹司が出会います。御曹司は勤労少女を男だと思っており勤労少女はイケメンしか働かないコーヒー店では働くことになります。御曹司が徐々に勤労少女へ恋心抱き恋愛していくラブコメディ。

御曹司ははじめ勤労少女を男だと思っています。つまり男が男を好きになったと思い込み、精神科を受診したり、勤労少女に対して冷たい態度をとりこの恋は勘違いだと悩みます。そして勤労少女も御曹司の人が自分を男だと思っているから恋愛に発展することはない、でも御曹司のことが気になっておりその上御曹司が冷たい態度をとるため悩みます。

悩んでいるうちに喧嘩してしまい、でもお互い他の異性といるところ見てもやもやしてしまいます。ある時、御曹司が男でもいいから好きだ、勤労少女と一緒にいたいと思い勤労少女の所に会いに行きます。会いに行ってすぐにKISSをするシーンが胸キュンポイントです。

なぜなら、中盤で実際は女ってわかるんですが、男でも女でもありのままの自分を好きになってくれたことが素敵だと思ったからです。

ありちゃん

会いたい

なんと言っても15年間もソヨンを想い続け、探すテギョンの一途さに胸キュンすること間違いなしです。

ソヨンを守りたいというテギョンの熱い思いが伝わってきて、こんな恋人や結婚相手がいたら幸せだなと思いました。テギョンにはハリーという、テギョンとソヨンが離れていた時間にソヨンと共に過ごしていた恋のライバルがいるのですが、このハリーとテギョンのソヨンをめぐる争いも胸キュンポイントです。

ハリーもソヨンを一途に想い、ソヨンはそれに気がついているのですがソヨンは心のそこでテギョンを求めている。そんな3人の恋模様に毎回毎回ハラハラドキドキと、時間を忘れるほどに夢中になること間違いなしの作品です。テギョンの一途さに胸キュンが止まりません。

やむさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です